携帯サイト

QRコード

バーコードリーダーの付いた携帯電話で読み取ってアクセスできます。

檜原社協賛助会員

バナー広告

〜 地域で安心して暮らすために 〜

地域福祉権利擁護事業のご案内

《福祉サービスの利用手続きや日常の金銭管理のお手伝いをします》

 

Q:どのような人が利用できますか?

A:都内で生活されている方で、物忘れなどの認知症の症状や知的障

  害、精神障害などによって、必要な福祉サービスを、自分の判断

  で適切に選択・利用することが難しい方にご利用いただけます。

 

 

Q:どのようなお手伝いがありますか?

A:次の①「福祉サービス利用援助」を基本サービスとして、②「日

  常的金銭管理サービス」と③「書類等預かりサービス」を組み合

  わせて利用いただけます。

 

 

①福祉サービスの利用援助(基本サービス)

 福祉サービスの利用方法や手続きに関する相談や利用料の

 支払いお手伝いします。

 

  例えばこんな時

    ・福祉サービスを利用したいけれど、どのように手続きしたらよい

   かわからない

  ・支援計画(ケアプラン)を作る時に自分の意向を伝えて欲しい 

  ・福祉サービス利用料の支払いを忘れてしまう  など

 

  次のようなお手伝いをします。

    ・福祉サービスについての情報提供・助言

  ・福祉サービスを利用する時や、やめる時の手続き

  福祉サービスの利用料を支払うための手続き

  ・福祉サービスについての苦情解決制度を利用する手続き  など

 

 

②日常的な金銭管理サービス(オプションサービス)

  日常生活に必要な預貯金の払戻しや預入れ、公共料金

  の支払いをお手伝いします。

 

  例えばこんな時

  公共料金や家賃の支払いをしてほしい

  ・銀行での払戻しや預入れなどの手続きに不安がある など

 

  次のようなお手伝いをします。

  ・年金や福祉手当を受け取るための手続き

  ・税金、社会保険料、公共料金、医療費、家賃などの支払い手続き

  ・日常生活に必要な預貯金の払戻し、預入れ  など

 

 

③書類等預かりサービス(オプションサービス)

  日頃使わない大切な書類をお預かりします。

 

  例えばこんな時

  ・年金証書や保険証書など大切な書類の保管が心配

  ・普段使っていない通帳を、どこにしまったのか忘れてしまう

 

  次のようなお手伝いをします。

  ・金融機関の貸金庫で、大切な書類をお預かりします。

   ①年金証書 ②預貯金の通帳(1,000万円程度以内) ③権利証

   ④契約書類 ⑤保険証書 ⑥実印 ⑦銀行印  など

  ※頻繁な出し入れがあるものや、期日管理が必要な書類、自宅や貸

   金庫の鍵、宝石、骨董品等はお預かりできません。

 

 

 

Q:利用料はいくらかかるの?

 

 

援助内容

料金

福祉サービスの利用援助

1回 1時間まで 1,500円

(1時間を超えた場合30分ごとに600円を加算)

日常的な金銭管理サービス

通帳をご本人が保管する場合

通帳をお預かりする場合

1回 1時間まで 3,000円

(1時間を超えた場合30分ごとに600円を加算)

書類等の預かりサービス

1ヶ月 1,000円

  

 

Q:利用するにはどうすればいいの?

A:檜原村社会福祉協議会(やすらぎの里内)へお気軽にご相談くださ

  い。